服にタバコの匂いがつかない


普段からタバコを吸わない女性にとってタバコの煙は不快なものです。近年は日本人の健康意識が向上していることからタバコが吸えるスペースは限られており、分煙された飲食店は当たり前となっています。

待機部屋が喫煙可能になっていると煙いだけでなく健康面でも心配になるもの。さらに、最も気になることはニオイでしょう。待機部屋でタバコの煙を浴びてしまうと、それだけで服や髪の毛にニオイが付着してしまうのです。

デリヘル側は女性にとって快適な環境を作ることも大切な仕事のひとつです。そのため、待機部屋の分煙を行うデリヘルが増加しているのです。多くの待機部屋ではベランダが喫煙所となっており、煙を気にする必要がありません。

さらに、個室待機のデリヘルの場合もブースとは別に喫煙所を設けています。さらに、大規模なデリヘルグループは広い部屋にいくつものブースを設置していますが、喫煙ブースと禁煙ブースを別々に用意している場合もあるのです。

また、タバコのニオイが付着してしまうと、仕事の後にもニオイが残ってしまいます。そのため、家族と生活をしている女性でしたら家族からも嫌がられてしまうでしょう。しかし、待機部屋が分煙されていればそういった心配はありません。

参考-梅田店のご案内 | 大阪の風俗求人サイト【熟女家】
└完全分煙の個室待機場を完備している風俗店の求人情報です。