現在の日本では健康意識が向上していることから、喫煙者は減少傾向にあります。そのため、タバコを吸わないお客さんも多いのです。こういったお客さんはタバコのニオイに敏感になっているので、いくらタバコを吸わない女性だったとしても髪や服にタバコのニオイがあると、それだけで嫌がられることもあるのです。そのため、待機部屋を分煙することは、お客さんに喜んでもらうという意味もあります。

そして、喫煙習慣のある女性は注意が必要です。いくら目の前で吸わなかったとしても、待機部屋で吸っていると髪や服にニオイがついてしまいます。そのため、タバコを吸う女性は待機部屋を出る前に消臭スプレーやうがい薬でニオイ対策をしましょう。お客さんによってはタバコのニオイを極端に嫌がるタイプもいます。そのため、タバコのニオイ対策は欠かせないのです。

また、女性はお客さんの待つラブホテルに移動しますが、到着した時点ですでに灰皿にお客さんの吸い殻がある場合もあります。これはお客さんが喫煙者である証拠ですが、だからと言って女性がいきなり吸って良いものではありません。いくらお客さんが喫煙者だったとしても、タバコは必ず確認をしてから吸うようにしてください。



デリヘルで働く女性は誰もがタバコを吸わないわけではありません。当然、喫煙者のデリヘル嬢も珍しくありません。そういった女性でしたら完全禁煙の待機部屋は非常に苦痛でしょう。しかし、分煙されていなかったら周囲の女性に嫌な顔をされてしまうので、いくら喫煙可能でも抵抗があるものです。そのため、待機部屋が分煙されていれば気を遣う必要がありませんので、喫煙者も吸わない方もストレスがありません。

また、タバコを吸う女性は接客中のタバコについても考えなければなりません。プレイを終えたその場でタバコが吸いたくなるかもしれませんが、いきなりタバコを吸ってはいけません。お客さんと別れるまでがプレイであるだけでなく、ラブホテルは密室ですので室内がすぐに煙たくなってしまうかもしれないのです。

そのため、タバコが吸いたくなったらまずお客さんにタバコをすすめてみましょう。そして、お客さんが吸うようでしたら、その方はタバコに対して嫌悪感を持っていない方になりますので、「私も吸って良いですか?」と確認を取ってみましょう。もし、タバコを吸わないお客さんでしたら、そこは我慢しましょう。最初は大変かも知れませんが、次第に慣れることが出来ます。そして、待機部屋で吸うようにしてください。



普段からタバコを吸わない女性にとってタバコの煙は不快なものです。近年は日本人の健康意識が向上していることからタバコが吸えるスペースは限られており、分煙された飲食店は当たり前となっています。

待機部屋が喫煙可能になっていると煙いだけでなく健康面でも心配になるもの。さらに、最も気になることはニオイでしょう。待機部屋でタバコの煙を浴びてしまうと、それだけで服や髪の毛にニオイが付着してしまうのです。

デリヘル側は女性にとって快適な環境を作ることも大切な仕事のひとつです。そのため、待機部屋の分煙を行うデリヘルが増加しているのです。多くの待機部屋ではベランダが喫煙所となっており、煙を気にする必要がありません。

さらに、個室待機のデリヘルの場合もブースとは別に喫煙所を設けています。さらに、大規模なデリヘルグループは広い部屋にいくつものブースを設置していますが、喫煙ブースと禁煙ブースを別々に用意している場合もあるのです。

また、タバコのニオイが付着してしまうと、仕事の後にもニオイが残ってしまいます。そのため、家族と生活をしている女性でしたら家族からも嫌がられてしまうでしょう。しかし、待機部屋が分煙されていればそういった心配はありません。

参考-梅田店のご案内 | 大阪の風俗求人サイト【熟女家】
└完全分煙の個室待機場を完備している風俗店の求人情報です。



ホテヘルの待機室で近年、あるブームが起きています。それは、分煙化です。完全禁煙ではなく、喫煙スペースを設けて、分煙にしているお店が増えています。それでは、この理由はどういったものなのでしょうか。

まず、成人女性の喫煙率の低下が挙げられます。平成28年の20代、30代女性の喫煙率は、10%程度となっており、ほとんどの女性はタバコを吸わないというデータがあるのです。非喫煙者の場合、タバコの煙を嫌がっている方もいらっしゃいますので、そのマジョリティな人の快適な待機室を設けるために分煙化が進んでいるのです。

また、逆に喫煙者の方にも分煙化はメリットになることがあります。それは、嫌煙者から、嫌な視線を受けることが無いということです。嫌煙者と愛煙家を同じスペースに置いておくことは、トラブルやストレスの種になってしまいます。お互いに嫌な気持ちにならないためにも、喫煙スペースに移動して、タバコを吸うようにした方が、面倒にはならないのです。

待機室は、お客様が来ていない時間帯や、休憩時間など、長い間利用するスペースです。ホテヘルの働きやすさはここに詰まっていると言っても過言ではありません。そんな待機室を快適に過ごせるように、お店がとっている施策がこの完全分煙化なのです。

この際では、待機部屋に起きているブームである分煙についてスポットを当てて紹介していきます。分煙のメリットや、詳細について、ここで新たに覚えていただけると幸いです。