分煙待機室完備の風俗求人が増えている


ホテヘルの待機室で近年、あるブームが起きています。それは、分煙化です。完全禁煙ではなく、喫煙スペースを設けて、分煙にしているお店が増えています。それでは、この理由はどういったものなのでしょうか。

まず、成人女性の喫煙率の低下が挙げられます。平成28年の20代、30代女性の喫煙率は、10%程度となっており、ほとんどの女性はタバコを吸わないというデータがあるのです。非喫煙者の場合、タバコの煙を嫌がっている方もいらっしゃいますので、そのマジョリティな人の快適な待機室を設けるために分煙化が進んでいるのです。

また、逆に喫煙者の方にも分煙化はメリットになることがあります。それは、嫌煙者から、嫌な視線を受けることが無いということです。嫌煙者と愛煙家を同じスペースに置いておくことは、トラブルやストレスの種になってしまいます。お互いに嫌な気持ちにならないためにも、喫煙スペースに移動して、タバコを吸うようにした方が、面倒にはならないのです。

待機室は、お客様が来ていない時間帯や、休憩時間など、長い間利用するスペースです。ホテヘルの働きやすさはここに詰まっていると言っても過言ではありません。そんな待機室を快適に過ごせるように、お店がとっている施策がこの完全分煙化なのです。

この際では、待機部屋に起きているブームである分煙についてスポットを当てて紹介していきます。分煙のメリットや、詳細について、ここで新たに覚えていただけると幸いです。