お客さんの評判もいい?


現在の日本では健康意識が向上していることから、喫煙者は減少傾向にあります。そのため、タバコを吸わないお客さんも多いのです。こういったお客さんはタバコのニオイに敏感になっているので、いくらタバコを吸わない女性だったとしても髪や服にタバコのニオイがあると、それだけで嫌がられることもあるのです。そのため、待機部屋を分煙することは、お客さんに喜んでもらうという意味もあります。

そして、喫煙習慣のある女性は注意が必要です。いくら目の前で吸わなかったとしても、待機部屋で吸っていると髪や服にニオイがついてしまいます。そのため、タバコを吸う女性は待機部屋を出る前に消臭スプレーやうがい薬でニオイ対策をしましょう。お客さんによってはタバコのニオイを極端に嫌がるタイプもいます。そのため、タバコのニオイ対策は欠かせないのです。

また、女性はお客さんの待つラブホテルに移動しますが、到着した時点ですでに灰皿にお客さんの吸い殻がある場合もあります。これはお客さんが喫煙者である証拠ですが、だからと言って女性がいきなり吸って良いものではありません。いくらお客さんが喫煙者だったとしても、タバコは必ず確認をしてから吸うようにしてください。