喫煙者としても嫌がられない


デリヘルで働く女性は誰もがタバコを吸わないわけではありません。当然、喫煙者のデリヘル嬢も珍しくありません。そういった女性でしたら完全禁煙の待機部屋は非常に苦痛でしょう。しかし、分煙されていなかったら周囲の女性に嫌な顔をされてしまうので、いくら喫煙可能でも抵抗があるものです。そのため、待機部屋が分煙されていれば気を遣う必要がありませんので、喫煙者も吸わない方もストレスがありません。

また、タバコを吸う女性は接客中のタバコについても考えなければなりません。プレイを終えたその場でタバコが吸いたくなるかもしれませんが、いきなりタバコを吸ってはいけません。お客さんと別れるまでがプレイであるだけでなく、ラブホテルは密室ですので室内がすぐに煙たくなってしまうかもしれないのです。

そのため、タバコが吸いたくなったらまずお客さんにタバコをすすめてみましょう。そして、お客さんが吸うようでしたら、その方はタバコに対して嫌悪感を持っていない方になりますので、「私も吸って良いですか?」と確認を取ってみましょう。もし、タバコを吸わないお客さんでしたら、そこは我慢しましょう。最初は大変かも知れませんが、次第に慣れることが出来ます。そして、待機部屋で吸うようにしてください。